司法書士による手続き

オンラインで不動産名義申請ができるようになり法務局へ行かなくてよくなりましたが、申請書作成や戸籍謄本を集めるなど大変なために司法書士に任せてあとは楽をするのも悪くなるのではないでしょうか。

専門家へ依頼しよう

司法書士による手続き

不動産名義変更がなどの手続きがオンライン申請でおこなえるようになり、法務局まで足を運ぶことなく申請できるようになりました。

しかし、申請書の作成や戸籍謄本と集めなければならないので、忙しいのにはかわりありません。

不動産名義変更をすべて司法書士へ依頼する場合には、まず無料相談から予約をしてみましょう。

場合によっては出張相談をおこなってくれる会社もあります。

面倒な手続きを登記の専門家にサポートしてもらうことで時間のない現代人にはとてもありがたいことなので、できるだけ多くの司法書士の会社を探して見比べてみたり、資金面を比べてみるなどして会社を決めましょう。

名義変更の手続きとして、司法書士はまず不動産の調査に入ります。

故人が残された不動産をどこに所有しているのか、固定資産評価台帳などの調査もおこないます。

戸籍謄本や除籍、今の戸籍などを請求して相続人を確定し、すべての戸籍を揃えます。

相続人が多い場合には結構な数の戸籍を取り寄せるために月日がかかる可能性があります。

その後、必要な書類を作成して、依頼者へ郵送し、署名捺印をして返信用封筒で返送してもらいます。

必要書類が返送されて、登記申請書の作成ができたら必要な書類をすべて持って法務局へ行き、申請をおこないます。

だいたいの目安ではありますが。

戸籍などを取り寄せるのに1000円弱かかります。


Copyright (C) www.cordraycommittee.com. All Rights Reserved.

専門家へ依頼しよう