不動産名義変更しないリスク

名義変更をしないままでいると、知らない親族までが出てきて遺産分割協議に入ってきたり、親族の借金滞納のために不動産が差し押さえになってしまうことがあるので、速やかな名義変更をしましょう。

専門家へ依頼しよう

不動産名義変更しないリスク

速やかな不動産名義変更をおこなわないと、いつまでたっても故人の持ち物として不動産がそのままとなり、名義変更をしていないことで自分の所有物とならずに売買や建てなおしができないということもあります。

借金をすつための担保として不動産を抵当権に入れることもできません。

名義変更をしなければ、他の人に不動産を取れてしまうこともあります。

そして、あとから相続人と名乗る人が増えて話がまとまらず、名義変更ができないまま遺産分割協議がまた何年も続くことになります。

場合によっては不動産の火災保険の更新ができないこともあります。

一緒に住んでいた故人が不動産の所有者である場合、名義変更をせずにそのまま住み続けるというケースがあります。

決して違法ではありません。

しかし、そのまま名義変更をせずに住み続けていると不動産の権利のことで親族がもめだして、知らない親族まで出てきて最終的に相続人船員の戸籍謄本と印鑑証明書が必要となるために、膨大な時間とお金がかかってしまいます。

早めに不動産名義変更をしておけば、このような余計な出費がかかることはないはずだったのに、大きな痛手となります。

それから、他の相続人に借金がある場合、滞納し続けた場合に住んでいるその家を差し押さえられる場合があります。

故人の所有物となっているために誰ものものでもないため、住んでいる人がいようと相続人として借金の肩代わりになるもののひとつなのです。

急に自分の住むことろがなくならないためにも、速やかな不動産名義変更の手続きをおこなう必要がでてきます。


Copyright (C) www.cordraycommittee.com. All Rights Reserved.

専門家へ依頼しよう