代理になってくれる司法書士とは?

司法書士の始まりは大まかに江戸時代ごろです。明治では弁護士と混合していましたが弁護士に名称がうつり、司法書士は大正になってから法制度の確立がおこなわれ国家試験を受けることは約35年前に決まりました。

専門家へ依頼しよう

代理になってくれる司法書士とは?

司法書士とは登記の専門家として裁判所への代理権が与えられている弁護士同様に訴訟活動までもができ、法律関係の相談を主に日本では非常に国家試験が難解でおよそ3%ほどの合格率しか見込めないほど、とても難しい職業です。

昔の日本では、ここの土地は自分の家の土地で、ここからは別の人の土地と非常に曖昧に決めごとをしていました。

明治時代では、土地の持ち主が誰であるのかはっきりさせるために整備がおこなわれました。

そして、現在の司法書士の土台になりえる人たちがそのときに活躍していたのです。

だいぶさかのぼること江戸時代で鎖国がおこわられ、海外から新しい文化や考え方をきたことで、政府は法制度を確立させようと頑張っていたのです。

明治に入り、代言人・代書人という司法職務定制ができあがり、裁判をする際に円滑に進むためにも代言人や代書人が活躍していたのです。

現在の弁護士と言えます。

代言人はそのうち弁護士と名称がかわり、法律のトップとして活躍しました。

司法代書人が大正時代に確立し、昭和に入ると司法書士法が設定されて司法書士と呼ばれるようになりました。

新しい憲法の下で司法書士法が成立して、司法書士会も設立しました。

昭和53年には国家試験の導入が始まり、司法書士を大きく発展させたのです。

弁護士と異なる分野で活躍し、今では欠かせない日本の職業のひとつとなりました。


Copyright (C) www.cordraycommittee.com. All Rights Reserved.

専門家へ依頼しよう